京都府からのお知らせ

京都府が提供している「防災・防犯情報メール配信システム」からのメールを、機械的にブログ記事にして公開しています。

019887:特殊詐欺被害発生【山科区】

  • 投稿日:
  • by

1月21日(月)山科区内の高齢者宅に、市役所職員をかたる男から「医療費の還付金がありますが、期限が切れています。口座振り込みならできます。どこの口座をお持ちですか。」等と電話があり、高齢者が金融機関名を伝えると、男は「金融機関の者から連絡させます。」等と言って電話を切った。その後、金融機関職員をかたる男から「口座番号を教えてください。残高はいくらですか。」等と電話があり、高齢者が応えると、さらに男から「そのキャッシュカードは古いので交換した方がいい。職員を伺わせますのでキャッシュカードを渡してください。1月23日には、新しいキャッシュカードを渡しますが、暗証番号は今使っているものと一緒にするので暗証番号を教えてください。」等と言われたので、暗証番号を教えた。その後、高齢者宅に金融機関職員をかたる男が訪れたので、高齢者はキャッシュカードを手渡した。不安に思った高齢者が金融機関に
確認したところ、だまされていたことが分かった。

◎官公署や金融機関の職員を名乗る人物から「還付金」「キャッシュカード」「暗証番号」などをキーワードとする電話があれば、詐欺を疑い、一人で対応せず、すぐに家族や警察に相談してください。
山科警察署 075-575-0110
警察本部犯罪抑止対策室 075-451-9111(3411)

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。