京都府からのお知らせ

京都府が提供している「防災・防犯情報メール配信システム」からのメールを、機械的にブログ記事にして公開しています。

011456:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by

なだれと融雪に関する京都府気象情報 第1号
2017年02月15日11時20分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、16日から17日にかけて、気温の上昇や雨によりなだれや融雪の起こりやすい状態となる見込みです。十分注意してください。
(本文)
 京都府では、16日から17日は南から暖かい空気が流れ込み平年よりも
気温が高くなるでしょう。特に17日は、気温がかなり高くなる所があるで
しょう。また、17日は雨となる見込みです。これまでの大雪により積雪の
多い地域では、なだれや融雪の起こりやすい状態となるでしょう。

[積雪の実況]
 2月10日から12日にかけての記録的な大雪により、京都府では、山地
を中心に積雪が平年より多くなっています。
 15日11時現在の積雪の深さ(アメダス速報値)は、主な所で、

 京丹後市峰山   40センチ
 舞鶴       21センチ
 南丹市美山    11センチ

[最高気温の予想]
 京都府では、16日から17日の最高気温が3月中旬から下旬並まで上が
る所が多いでしょう。
 16日 京都 13度、 舞鶴 12度
 17日 京都 16度、 舞鶴 13度

[防災事項]
 なだれに十分注意してください。
 積雪の多い地域では、雨と雪解けによる土砂災害や河川の増水、低地の浸
水にも注意が必要です。

[補足事項]
 今後、気象台の発表する注意報や気象情報に留意してください。
 「なだれと融雪に関する京都府気象情報」は、本号のみとします。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。