京都府からのお知らせ

京都府が提供している「防災・防犯情報メール配信システム」からのメールを、機械的にブログ記事にして公開しています。

011116:府県気象情報

  • 投稿日:
  • by

大雪と風雪及び高波に関する京都府気象情報 第2号
2017年01月12日16時33分
京都地方気象台発表

(見出し)
京都府では、14日から15日にかけて大雪となる見込みです。また、北部の海上では、14日から15日にかけて大しけになるでしょう。高波に警戒してください。
(本文)
 日本付近は冬型の気圧配置となっています。14日から15日にかけては
、西日本の上空約5000メートルに氷点下30度以下の強い寒気が流れ込
み、冬型の気圧配置がさらに強まる見込みです。

[雪の予想]
 京都府では、14日から15日にかけて降雪が強まり、大雪となるでしょ
う。南部の平地でも積雪となるところがある見込みです。
 12日18時から13日18時までに予想される24時間降雪量は、多い
ところで、
  北部  山地 15センチ 平地 5センチ
  南部  山地 15センチ
 その後、13日18時から14日18時までに予想される24時間降雪量
は、多いところで、
  北部  山地 10から30センチ 平地 0から20センチ
  南部  山地 10から30センチ 平地 0から10センチ
その後も15日にかけて降雪が続く見込みです。

[風の予想]
 北部では、15日にかけて海上を中心に雪を伴って風の強い状態が続
き、特に14日は海上では非常に強く吹くでしょう。
 
[波の予想]
 北部の海上では、14日から15日にかけて大しけとなる見込みです。
  
[防災事項]
 高波に警戒してください。
 積雪や路面凍結による交通障害、農作物の管理、強風、雪による見通しの
悪化、電線や樹木への着雪、落雷、突風に注意してください。
 ビニールハウスは倒壊のおそれがあるため、注意してください。

[補足事項]
 今後、気象台の発表する最新の注意報や警報、気象情報に留意してくださ
い。
 この情報は、11日14時10分に発表した「強い冬型の気圧配置に関す
る京都府気象情報」を引き継ぐものです。
 次の「大雪と風雪及び高波に関する京都府気象情報」は、13日06時頃
に発表する予定です。

配信情報の変更・停止には、anzen@k-anshin.pref.kyoto.jp に空メールを送信し、手続きを行ってください。